Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday, 10-14-2008

アメリカ英語では,ルールにちゃんと乗っ取ると文末のピリオドは " "(日本語でのかぎかっこ)の内側につける.

例:
ビートルズの最後のコンサートは「リボルバー」発表の24日後,1966年8月29日に行われました.
The Beatles' final concert took place on August 29, 1966, 24 days after the release of "Revolver."

すごい変な感じだ.ピリオドは文全体を締めくくる点なのに,最後の単語につく " " の中に入っている.でもこれがルールだ.

イギリス英語だと, ..., 24 days after the release of 'Revolver'. となるようだ." " の代わりに ' 'で,ピリオドもちゃんと外側.

アメリカ英語のこのルールは新聞業界が発端らしい.印刷機を使って新聞を印刷していた時代,ピリオドとかコンマはとても小さい部品なので,文の端っこでそのひとつの部品だけに圧力がかかると,よく壊れて(割れて)しまったらしい.そこで,もう少し丈夫な double-quotation-mark " " の内側にして守ってあげることにしたようだ.

でもすごく変な感じなので,僕は " " の外側に書くけれどね.

新聞の影響と言えば,クリーブランドのつづりは昔は Cleaveland だったのだけど,1831年に,つづりが長すぎて新聞の見出しに収まらないという理由で今の Cleveland に変えられた.

平成171819202122232425262728293031323310111210111213141516171819202122232425262728293031日 火曜日|英語・日本語コメント(2)

コメント

○ 外側につけるのはルールだったのか。 ○

僕もすごく変な感じがしていたので、外側にピリオド打っていたのですが、勉強になりました。

シングルクォーテーションだと、中の文字列が定数して取り扱われて、ダブルクォーテーションだと、中の文字列が変数として取り扱われます。
と、これは、プログラミング言語の話でした。
  # 少なくともSASとshはこれに則っていたような、、、

平成171819202122232425262728293031323310111210111213141516171819202122232425262728293031日 【火】 午前1時午前2時午前3時午前4時午前5時午前6時午前7時午前8時午前9時午前10時午前11時正午午後1時午後2時午後3時午後4時午後5時午後6時午後7時午後8時午後9時午後10時午後11時午前0時頃|鴨統計
○ ピリオド ○

内側でも外側でも大した問題になることは少ないのですが,最近訂正されました.

Rではシングルもダブルもクォテーションの意味は同じです.シフトキーを押さなくて済むのでシングルでいきます.

平成171819202122232425262728293031323310111210111213141516171819202122232425262728293031日 【水】 午前1時午前2時午前3時午前4時午前5時午前6時午前7時午前8時午前9時午前10時午前11時正午午後1時午後2時午後3時午後4時午後5時午後6時午後7時午後8時午後9時午後10時午後11時午前0時頃|びい

コメントの投稿

ブログ検索

カレンダー

JanFebMar AprMay JunJulAugSepOctNovDec 2005200620072008200920102011
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

履歴

2018年04月 (2)

2018年03月 (1)

2018年01月 (1)

2017年12月 (1)

2017年11月 (1)

2017年10月 (1)

2017年09月 (1)

2017年08月 (1)

2017年07月 (1)

2017年06月 (1)

2017年05月 (1)

2017年04月 (1)

2017年03月 (1)

2017年02月 (1)

2017年01月 (1)

2016年12月 (1)

2016年11月 (1)

2016年09月 (1)

2016年08月 (1)

2016年07月 (1)

2016年05月 (1)

2016年04月 (1)

2016年03月 (1)

2016年02月 (1)

2016年01月 (1)

2015年12月 (1)

2015年07月 (1)

2015年06月 (2)

2015年05月 (2)

2015年04月 (3)

2015年03月 (2)

2015年02月 (1)

2015年01月 (3)

2014年12月 (1)

2014年11月 (1)

2014年10月 (2)

2014年09月 (2)

2014年08月 (2)

2014年07月 (1)

2014年06月 (1)

2014年05月 (2)

2014年04月 (1)

2014年03月 (2)

2014年02月 (1)

2014年01月 (2)

2013年12月 (1)

2013年11月 (3)

2013年10月 (2)

2013年09月 (1)

2013年08月 (4)

2013年07月 (1)

2013年06月 (2)

2013年05月 (2)

2013年04月 (3)

2013年03月 (1)

2013年02月 (1)

2013年01月 (4)

2012年12月 (1)

2012年11月 (3)

2012年10月 (1)

2012年09月 (1)

2012年08月 (3)

2012年07月 (3)

2012年06月 (2)

2012年05月 (6)

2012年04月 (2)

2012年03月 (8)

2012年02月 (2)

2012年01月 (1)

2011年12月 (6)

2011年11月 (5)

2011年10月 (4)

2011年09月 (6)

2011年08月 (9)

2011年07月 (5)

2011年06月 (5)

2011年05月 (5)

2011年04月 (6)

2011年03月 (17)

2011年02月 (6)

2011年01月 (10)

2010年12月 (10)

2010年11月 (4)

2010年10月 (6)

2010年09月 (5)

2010年08月 (11)

2010年07月 (8)

2010年06月 (8)

2010年05月 (3)

2010年04月 (8)

2010年03月 (11)

2010年02月 (4)

2010年01月 (8)

2009年12月 (6)

2009年11月 (6)

2009年10月 (6)

2009年09月 (7)

2009年08月 (6)

2009年07月 (10)

2009年06月 (10)

2009年05月 (10)

2009年04月 (6)

2009年03月 (7)

2009年02月 (9)

2009年01月 (12)

2008年12月 (6)

2008年11月 (10)

2008年10月 (8)

2008年09月 (9)

2008年08月 (12)

2008年07月 (8)

2008年06月 (12)

2008年05月 (12)

2008年04月 (12)

2008年03月 (11)

2008年02月 (10)

2008年01月 (10)

2007年12月 (12)

2007年11月 (14)

2007年10月 (13)

2007年09月 (11)

2007年08月 (16)

2007年07月 (10)

2007年06月 (10)

2007年05月 (6)

2007年04月 (10)

2007年03月 (13)

2007年02月 (10)

2007年01月 (8)

2006年12月 (13)

2006年11月 (15)

2006年10月 (9)

2006年09月 (8)

2006年08月 (18)

2006年07月 (14)

2006年06月 (16)

2006年05月 (23)

2006年04月 (20)

2006年03月 (12)

2006年02月 (14)

2006年01月 (21)

2005年12月 (20)

2005年11月 (17)

2005年10月 (18)

2005年09月 (16)

2005年08月 (10)

2005年07月 (6)