Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday, 08-03-2009

アメリカの法律はものによっては200年前の物がそのまま残っていることがあるので,現代にはそぐわない変なものも多いらしい.

でも,テネシー州の法律で頻繁にジョークのネタになる下記の法律は,1999年生まれと比較的新しい.

Wild animals accidentally killed by a motor vehicle may be possessed by any person for personal use and consumption.
誰でも,交通事故で死んだ野生動物を,個人的な使用,消費目的で持ち帰ってよい.

道ばたで死んでいるリスとかオポッサムとかタヌキとかを持ち帰るテネシー人.これだから南部の野蛮人は困ったものだ,そんなジョーク.

この法律の対象となるのはシカ.そもそもシカは狩猟の対象となるので,シカを食べる人はたくさんいる.そこで,交通事故で死んだシカがもったいない,というのがこの法律の大元にあるコンセプトらしい.(なんだかジョークになるのもしかたないような気がしてきた)

この法律が通る前も,無許可で道ばたで死んでいる動物を持ち帰って罪に問われた人はまずいなかったようだ.でも合法的に持ち帰るには野生動物なんとか課の許可が必要で,とにかくめんどくさかったらしい.それだったら無許可で持ち帰ってもいいようにしちゃえばいい,ということだ.

シカ以外はほとんど念頭におかれていなかったようだけど,ま,特にシカに限る理由もない,という消極的な理由で「野生動物」という表現になった.

犬と猫はペットでなくても,この法律は当てはまらない.狙って殺したのでなくて事故だった,という証明が必要らしい.というようなことを書いてあるのを読んだけれど,実際に法律はそんなことには一切触れていない.殺してしまったのがペットのシカだった場合とペットのクマだった場合は,48時間以内に届けて,「野生動物資源機関」の許可がいる,と書いてある.

実際の法律 (pdf) はここの285番.

コメント

コメントの投稿

ブログ検索

カレンダー

JanFebMar AprMay JunJulAugSepOctNovDec 2005200620072008200920102011
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

履歴

2018年07月 (1)

2018年06月 (1)

2018年05月 (1)

2018年04月 (2)

2018年03月 (1)

2018年01月 (1)

2017年12月 (1)

2017年11月 (1)

2017年10月 (1)

2017年09月 (1)

2017年08月 (1)

2017年07月 (1)

2017年06月 (1)

2017年05月 (1)

2017年04月 (1)

2017年03月 (1)

2017年02月 (1)

2017年01月 (1)

2016年12月 (1)

2016年11月 (1)

2016年09月 (1)

2016年08月 (1)

2016年07月 (1)

2016年05月 (1)

2016年04月 (1)

2016年03月 (1)

2016年02月 (1)

2016年01月 (1)

2015年12月 (1)

2015年07月 (1)

2015年06月 (2)

2015年05月 (2)

2015年04月 (3)

2015年03月 (2)

2015年02月 (1)

2015年01月 (3)

2014年12月 (1)

2014年11月 (1)

2014年10月 (2)

2014年09月 (2)

2014年08月 (2)

2014年07月 (1)

2014年06月 (1)

2014年05月 (2)

2014年04月 (1)

2014年03月 (2)

2014年02月 (1)

2014年01月 (2)

2013年12月 (1)

2013年11月 (3)

2013年10月 (2)

2013年09月 (1)

2013年08月 (4)

2013年07月 (1)

2013年06月 (2)

2013年05月 (2)

2013年04月 (3)

2013年03月 (1)

2013年02月 (1)

2013年01月 (4)

2012年12月 (1)

2012年11月 (3)

2012年10月 (1)

2012年09月 (1)

2012年08月 (3)

2012年07月 (3)

2012年06月 (2)

2012年05月 (6)

2012年04月 (2)

2012年03月 (8)

2012年02月 (2)

2012年01月 (1)

2011年12月 (6)

2011年11月 (5)

2011年10月 (4)

2011年09月 (6)

2011年08月 (9)

2011年07月 (5)

2011年06月 (5)

2011年05月 (5)

2011年04月 (6)

2011年03月 (17)

2011年02月 (6)

2011年01月 (10)

2010年12月 (10)

2010年11月 (4)

2010年10月 (6)

2010年09月 (5)

2010年08月 (11)

2010年07月 (8)

2010年06月 (8)

2010年05月 (3)

2010年04月 (8)

2010年03月 (11)

2010年02月 (4)

2010年01月 (8)

2009年12月 (6)

2009年11月 (6)

2009年10月 (6)

2009年09月 (7)

2009年08月 (6)

2009年07月 (10)

2009年06月 (10)

2009年05月 (10)

2009年04月 (6)

2009年03月 (7)

2009年02月 (9)

2009年01月 (12)

2008年12月 (6)

2008年11月 (10)

2008年10月 (8)

2008年09月 (9)

2008年08月 (12)

2008年07月 (8)

2008年06月 (12)

2008年05月 (12)

2008年04月 (12)

2008年03月 (11)

2008年02月 (10)

2008年01月 (10)

2007年12月 (12)

2007年11月 (14)

2007年10月 (13)

2007年09月 (11)

2007年08月 (16)

2007年07月 (10)

2007年06月 (10)

2007年05月 (6)

2007年04月 (10)

2007年03月 (13)

2007年02月 (10)

2007年01月 (8)

2006年12月 (13)

2006年11月 (15)

2006年10月 (9)

2006年09月 (8)

2006年08月 (18)

2006年07月 (14)

2006年06月 (16)

2006年05月 (23)

2006年04月 (20)

2006年03月 (12)

2006年02月 (14)

2006年01月 (21)

2005年12月 (20)

2005年11月 (17)

2005年10月 (18)

2005年09月 (16)

2005年08月 (10)

2005年07月 (6)